うつ病

どうしよう

現代はストレス社会といわれ、精神病を患う人が増えているといわれています。
最近特に増えているのが、うつ病を患う人です。

・うつ病
うつ病とは、文字通り、憂鬱な状態が続く症状のことをいいます。
現在、女性の5人に1人、男性の10人に1人が一生に一度患うと言われています。
女性は、ホルモンバランスの変化や環境の変化に合うことが多く、男性よりもうつ病を発症し易いといわれます。

うつ病は、脳内の物質であるセロトニンとノルアドレナリンの分泌や結合がうまく行かずに引き起こされる病気です。
そのため、自己肯定感や自身がなくなり、「自分はダメな人間だ」と考えがちです。

うつ病を治療するのは、基本的に精神科医であり、心療内科医は身体的な症状があっても、違う分野だということができます。
しかし、クリニックでは、うつ病を治療する心療内科が存在しています。

うつ病は、身体的な症状と心理的な症状の二つを発症することがあります。